BLOG 店主敬白

還暦のくすり屋さん、馬場英二が常々思うこと。

還暦をすぎると
2018年1月18日 18:35

還暦を過ぎると、残された人生について考えることが多くなります。

九州の田舎で育った30年

東京に出て30年

人生に翻弄された61年です。

自分の人生を考えるときに

坂村真民さんの詩の中に

「何かをしよう」という詩があります。

「何かをしよう

みんなのためになる

何かをしよう

よく考えたら自分の体に合った

何かがある筈だ

弱い人には弱いなりに

老いた人には老いた人なりに

何かがある筈だ

生かされて生きているご恩返しに

小さいことでもいい

自分にできるものをさがして

何かをしよう」

今からでおそくないとおもい、実行したいと。

残された人生を振り返ったときに、

悔いのないような人生を歩んで生きたいものです;

 

TOPへ